アクセスアップ ホームページ制作 HOMEへ

【成約率アップのためのメールマガジン配信システム | ホームページ制作 東京都 新宿区】

「メールマガジン配信システム」 

関心や興味がない人達に、どれだけ送っても、反応は鈍いものです。

メールマガジンの成約率。

メールマガジンは、果たして、本当に成約率が低いのでしょうか?実は、そうではないケースもあり、成約率が高いメールマガジンもあります。それはターゲットを絞った配信です。たとえ相当量のメールアドレスを取得していても、それらのアドレスを眺めてるだけでは、その人たちが「何に関心(興味)を持っているのか」読み取れません。 だから、その商品や情報に興味を持っていない人、いわゆる「見込客では無い人」に、一斉にメールで何回も送っても、関心が無いのですから反応は、かなり悪いでしょう。

関心や興味のある人へのメール配信。

たとえば、お店やクラブなどの会員に入会している方は、その商品や情報に、既に関心や興味を持っていますので、会員の人たちにメールを送った場合は、非会員の人たちと比べると、メールの関心度は高く、成約率も高くなっています。必ずしも、送信数が多ければ、反応率も高いということは無く、問題は、「その商品や情報に、関心があるのか、ないのか」ということです。

情報伝達コストは、安くなります。

基本的に、小売店などは、来客するまで受け身で待っていることが多いのですが、メールを配信することによって、能動的に「伝えたい方に、伝えることができます。」 また、お客様に向けた情報発信は、情報を受け取る伝達速度は速く、他の宣伝に比べて情報伝達コストは、安く抑えられます。

メルマガは、都合の良いタイミングで配信できます。

ご自分で考えたタイミング(時間)で送信できますので、ご利用の仕方次第で幅広く使えます。たとえば、小売店や飲食店が、「当日の夜の特別企画(価格OFFの企画など)」が、急に持ちあがったとしても、昼間にその企画の案内を送信しておけば、受信して頂いた顧客の方が、当日、会社帰りにお店に寄って頂くことも可能となります。そして、その企画が成功すれば、その内容を自社のホームページのニュースとして更新し、より広い人に見て頂き、認知していただくこともできます。

メルマガの費用対効果。

メルマガは、ホームページのようなデザイン的な情報伝達の派手さはありませんが、このように、関心や興味を持っているお客様に対しては、とても有効な手段で対費用効果は高く、顧客に有益な情報を出し続けることができます。
当社の「メールマガジン配信システム」の仕様は、操作も簡単で、webの知識がなくても、配信できます。情報伝達のビジネスツールを主としていますので、通常のテキストメールです。(絵文字やデコメールなどはできません。)

メールマガジン配信システムのお問合せ   (別ウインドウで開きます。)






ページトップ・メニューへ