アクセスアップ ホームページ制作 HOMEへ

【アクセスアップのホームページ制作 SEO対策 web制作 東京都 新宿区】

webシステム/デザイン 

チェック イラスト

「もっと、もっと、webサイトを多くの人に見てもらいたい。」と思いませんか? 『web標準化』と『web品質』を重視して制作されたwebサイトは、アクセスアップに繋がります。そして、アクセスがアップをしていくと、『よく見られるwebサイト』になってきます。

▌当社のwebサイト制作における「品質保証」について。

当社のホームページ制作では、お客様から安心してご依頼いただけるホームページ制作をするために、品質にはこだわり、各ページに、次の項目に対して「品質保証」を実施しています。

  • W3C に準拠した制作をすること。(文法チェックとHTML+CSSファイル)
  • 各ページのタイトルに、表記漏れがなく、ページに見合ったタイトル名を記述すること。
  • 各ページのMETA(メタ)情報に、表記漏れがなく、ルール通りに記述すること。
  • 各ページに、記述した内部リンク先ページに、リンク切れが問題なく遷移すること。(外部リンクは除きます)
  • 各推奨ブラウザで、表示や動作にバラつきがないように制作すること。
  • JavaScriptなどを使用しても、各ページにエラーが発生しないように制作すること。
  • サイトの階層は、深すぎるディレクトリを作らずに制作すること。
  • 画像や動画など非テキストコンテンツには、代替テキストを付けること。


■作成されたwebサイトが、「正しく作られているwebサイト」なのか判別しやすくなります。
■Googleなどの検索エンジン(検索ロボット)にも、サイトの内容が読みやすいように、各ページ作られています。
■「品質保証」の対象は、HTML版、CMS版で制作したホームページです。但し、当社のCMSは、WordPressやMovable Typeなどではなく、当社が開発したCMSです。

▌アクセスアップには、「SEO対策」や「直感的なデザイン」のweb制作が必要です。

多くの人に見ていただけるようなホームページ制作

当社の、ホームページ制作の場合、ただ単に作るのではなく、ご注文頂いたお客様のサイトを、多くの人に見ていただけるよう「アクセスアップ」を心掛けて、web制作しています。アクセスアップに効果的な方法として、今、web制作に要求されている「ユーザビリティ」や、「SEO(エス・イー・オー)」と呼ばれる「検索エンジン最適化」に適した「web標準化」を用いて作成しています。SEO対策については、別途、下段の「SEO対策」の項目をご参照下さい。

デザインにおいても、色や形、画像を「論理的にするのではなく、ユーザーにとって分かりやすい『直感的で意味のあるデザイン』に仕上げる」ように作っています。それにより、企業や商品のイメージを訪問者に、より速く伝えれるようになります。

簡単なウェブサイトの被リンクと簡単なウェブサイトの図解

「webサイト」も、画像やテキストといった「一つひとつのパーツ(素材)」から組み合わされています。

webサイトの個性を引き出すのは、まず、コンセプト通りにデザインされた「画像」や「イラスト」、そして、サービスや商品を説明する「テキスト」です。画像やテキストといったそれぞれの素材は、マークアップやプログラミングすることで生成され、それぞれのパーツが、それぞれの役割りを担うと 同じレイアウトでも、全く見栄えも違ってきます。

「感じのいいホームページ」は、伝えたいことが、より良く伝わります。

画像やイラストの素材の違いで、大きく印象も違ってきますので、webサイトで使う「画像」や「イラスト」の素材作りは、アクセスアップに、とても大切で、欠かかすことができません。 コンセプトに基づいたデザインは、web制作でも大きな役割であり、アクセスアップの要因の一つにもなっています。

アクセスアップしていくと、商品価値も高める効果もあり、会社や商品の知名度もアップし、売上にも大きく貢献できますので、アクセスアップするホームページは、ビジネスも有利になってきます。

デザイン・素材制作について詳しくは、こちらのページからご覧下さい。   デザイン・素材制作

webサイトの更新頻度が多いお客様には「CMS版 webサイト」 (当社のお勧め!)

webサイトの更新頻度が多いお客様やwebサイトのページ数が多いお客様には、通常のHTML版のwebサイトより、利便性の高いCMS版のwebサイトの導入をして頂いております。更新依頼のときにも、制作会社に都度の依頼の必要がありませんし、新しいページも自動で作れます。「更新作業が大変、楽になった」とか、「自分のタイミングで簡単に更新できる」とか、「使いやすい」などという好評を頂いております。

CMSについて詳しくは、こちらのページからご覧下さい。   CMS (コンテンツ管理システム)って?

「CMS」と「HTML」の違いは、将来の拡張性と利便性の高さなど

CSSとHTMLの違い

webサイトには、「動的サイト」とか「静的サイト」などと言われる場合があります。
「動的サイト」とは、CMSなどwebシステム(webプログラム)で制作され、サーバーでデータを読み込んだりして内容の変更を行えるwebサイトのことで、「静的サイト」とは、HTML+CSSで制作されている一般的なホームページで、内容などの書き換えは、全て手作業となります。