アクセスアップ ホームページ制作 HOMEへ

アクセスアップとSEO対策の重要性。 東京都 新宿区 ホームページ制作会社 イーウエスト株式会社

SEO 重要性について

ホームページは、「トップページのデザイン」が全てではありません。

webサイトには外せないSEO対策

webサイトを軸にビジネスチャンスを拡大して行くとすれば、SEO対策(検索エンジン最適化)は、外せません。

ビジネスに繋がるSEO対策を・・・

事業に繋がらないキーワードで、いくら上位表示しても、ビジネスにおいて、そんなに期待は持てません。事業に直接結びつく、事業内容などをキーワードとしてSEO対策をしなければ、ビジネスには繋がりません。

サブページも含めたSEO対策

ホームページ制作において、トップページだけのSEO対策より、サブページも含めたSEO対策の方が「絶大な効果」が期待できます。狙ったキーワードのSEO対策を施すことにより、検索エンジンの結果も上位表示も期待でき、結果、アクセスアップと集客増が見込めます。

トップページは、サイトの"顔"と、よく例えられます。そのため、一般的には、名刺や広告などに記載するホームページのURLは、トップページになっていますので、デザイン性の高いものが良いかもしれませんが、一つでも多くのアクセスを増やしたい場合のホームページ制作には、トップページ以外のサブページの充実も欠かせません。
インターネットで検索するときには、GoogleやYahoo、bingなど、検索エンジンを利用して、調べたい「キーワード」をいくつか入力して検索します。 その「キーワード」の検索結果に表示されているサイトは、「トップページばかりではありません。」一般的に検索エンジンでトップページが表示されているほとんどは、世間的や業界的に知れ渡っている「ブランド名」や「メーカー名」、その他、「有名人(著名)」などのキーワードで検索した場合です。

外部SEO対策と内部SEO対策

SEO対策には、外部SEO対策と内部SEO対策があります。外部SEO対策は、異なるドメインから、たくさんの被リンクを受けることによって、webサイトの価値を上げさせることで、内部SEO対策は、自身のwebサイトを検索エンジン最適化することです。

検索エンジンの検索結果がトップページばかり表示されることはないので、言いかえれば、「トップページ以外からでもアクセスがある。」ということです。トップページ以外のサブページにも「内部SEO(検索エンジン最適化)対策」を十分にする方が遥かに効果があり、サイト全体のボリュームも増えます。

検索対象ページは全て

サイトボリューム (ページ数)

内部SEO対策(検索エンジン最適化)を施したwebサイトの全ページ数が、10ページのwebサイトと6ページのwebサイトを、単純に同じ条件で比較すれば、どうでしょうか?
ページ数の多い方が、「検索の対象」のページが多くなるので、10ページのサイトの方が、アクセスされるチャンスは多くなりますし、内部ページ同士の内部リンクも増えることもあり、上位表示の要因の一つとしてもとても有効です。一度、サイトボリュームについて、ライバル企業を調べてみては、いかがでしょうか?