アクセスアップ ホームページ制作 HOMEへ

良いホームページと悪いホームページの違いとは? アクセスアップのSEO対策 ホームページ制作 東京都 新宿区

ホームページの良し悪し

ホームページの良し悪し。

検索エンジンのロボットは、人の目で見たようにホームページを見ているわけではありません。

ホームページの良し悪しは、画面に映し出される「デザイン」や「操作性」だけで、決めることはできませんが、「画面に映し出されているホームページは、人の目から見た目線であり、検索エンジンのロボットは、人の目で見たホームページを見ているのではない。」という知識は必要です。googleやbingなどの検索エンジンのロボットは、各ページにマークアップされた「HTMLのソースコード」の記述を読んで情報収拾しているので、画面上のデザインだけでホームページの良し悪しの判断をしてしまうと、期待した「検索結果」が得れない場合も少なくはありません。 SEO対策は、ブラウザに表示されているデザインの対策ではなく、検索ロボットに対して、HTMLソースに記述されているテキスト(キーワード)を、「どうすれば最適化にできるのか。」という対策です。

webサイトを知ってもらうには?

ホームページは、作ったら終わりではありません。制作費用を安価に抑えても、ずっと誰も見ないホームページでは、投資損になってしまいます。だから、作ったホームページを、なるべく多くの人に知ってもらえるようなことをしなければなりません。CMや雑誌、その他チラシなどで宣伝することも手段の一つですが、これらの効力は、期間内に限られます。期間が終われば、効力も薄れますので、できれば制作時に、検索エンジン最適化をすることをお勧めします。

当社のSEO対策は、外部SEO対策はしていません。Googleでは有料リンクなどの外部SEOをしたときは、SEOのガイドラインに大きく違反しているので、そのドメインにペナルティーを科します。それは、お客様にとっては、大きな痛手となります。しかし、きちんとした内部SEO対策をしているwebサイトは、検索ロボットに好まれる制作なので、検索サイトからアクセスされる可能性が高くなります。検索サイトからアクセスするユーザーは、自ら調べているので、そのキーワードに対して興味や関心があり、能動的ですので、知ってもらいた人に知ってもらえるチャンスは広がります。